日比谷の街角 弁護士 稲垣隆一 稲垣隆一法律事務所

稲垣隆一法律事務所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目7番1号有楽町電気ビル南館9階956区 電話:03-6273-4351

村本寛太郎先生のミサ曲ロ短調に聞くティンパニの役割

村本寛太郎師のバロックティンパニの演奏を,6月20日,東京マリアカテドラルで催された日独友好バッハカンターテンコーア創立5周年記念演奏会のJ.S.Bach のミサ曲ロ短調で聞いた。

師が使用するバロックティンパニはイギリスのHENRY POTTER

師匠は,ブリュッヘンが率いる18世紀オケの打楽器奏者であるマールテン・ファン・デル・ファルクに師事しているから,ティンパニも,マールテン氏と同じHENRY POTTER。
マレットも,マールテン氏がこの間来日したときに持ってきてくれたもの。

それでどうなったか?目から鱗の2時間であった。

まず,気づかされたのは,ティンパニの多彩な音色。HENRY POTTERから,多彩な音色が,本当にとめどなく,次からつぎへと送り出される。しかも,バチさばきは論理的で合理的。全く無駄がない。

ティンパニから出てくるのは打音というより,音色,それも旋律をもった唄だ。
ティンパニが,合唱と合奏を,シャンと立たせて,印影をつけ,整列させて前に進める。
ティンパニは2個しかないのに,旋律を奏でる合唱や合奏が,2つのティンパニと渾然一体となって高らかに歌出す。

音色をもった唄うティンパニ。これか。これがグルーブというものなのか!
先日のレッスンで,村本師が言っていた「拍のうえにリズム感があり,その上にグルーブがあると思うんです。」
とはこれなんだ。

ティンパニが出ると,合唱も,オケも,動き出す。
それも機械的,論理的なものではなく,有機物として命を吹き込まれた複雑な動きが始まる。

こんな風に唄うティンパニが叩けるようになりたい。
どうしたらいいか考えた。

とりあえず到達した仮説はこうだ。

ティンパニは打楽器。だから,打音で機能させる。というのはきっと誤りなのだ。
打音で捉えると,ある時点の音で捉えるから,音楽を止めてしまう。

むしろ,フレーズの到達点までをひとかたまりで捉えて,フレーズを歌と同じように呼吸する。
そして,フレーズのどこにどのような音色と音量の音のつながりを,どういうテンポで置くのかを,グルーブを感じながら設計する。

その設計を頭にたたき込む。
メロディーラインと通奏低音を聞く。
その流れにそって叩き
改善する。

これがティンパニPDCAだ。

ロ短調ミサの演奏全体はすばらしかった。
抑制の効いた正確な弦。
2連のオーボエダモーレは甘く切ない。
フルートは,本当に優しい息づかいを伝えていた。
ピッコロトランペットはまさに天使のラッパ。輝かしくて神の栄光を表すに本当にふさわしい好演だった。

多くを教えられた素晴らしい演奏会だった。




アウトロー

リゾートクラブの会員契約を解約して会費の返還を求めた。

裁判では当然勝ち。でも相手が払わない。そこで執行の段に。

企業信用情報では連続数億円の黒字。
代表者も,都心の一等地の高級マンションに住んでご立派。

しかし,番頭さんは,「来てもなにもありませんよ。この間弁護士さんが差押えにきたけど不発でした。」
ほとんど,集団詐欺事件の番頭と同じ台詞。

不動産は抵当権がベトベト。
預金口座を差し押さえても「なし」。
財産は隠しまくり,会社法による開示請求にも応じない。

そこで民事執行法による財産開示手続をとった。
しかし,裁判所に何の連絡もせず,開示手続の期日に出頭もしない。

案の定ではあったが,司法の権威も地に墜ちた。

過料の申し立てをして裁判所を出た。

司法手続きを尊重しないアウトローが,大きな顔をしてリゾート施設の運営をしている。
客の安全もこんなレベルだろう。

いずれ思い知らせてやる。





村本寛太郎指揮オーケストラ・フォルチェを聞く

今日は車いすの母を連れて多摩のパルテノン多摩大ホールで七夕を過ごした。
50台ともなると七夕の過ごし方も変わるものだ。

我がバロックティンパニの師,村本寛太郎氏が指揮するオーケストラ・フォルチェ第2回定期演奏会にうかがった。

プログラムはベートーベンの1番とマーラーの巨人,花の章付き。

オケは,総勢約80名。おそらく大学生と卒業して間もない社会人が主体となる若いオーケストラだが,まさに,若さ故のすばらしい強靱さが現れたオケだと感じた。

ベートーベンはもちろん,マーラーも,全楽章を通じて,音程もリズムも徹底的に磨き上げられ,全く乱れを感じさせない,最後まで強い集中力が持続し続ける,しなやかですばらしい演奏だった。

べートーベンもマーラーも,多彩な変化を鮮明にする村本さんの解釈と,それを実現するオケに感じ入りながら,村本さんと団員がとことん作品と向き合い,徹底して検討しあった時間を想像していた。
こうした厳しさに喜びを共有できたからこそ,今日のすばらしい演奏会を実現できたのだろう。

本当にすばらしい演奏会だった。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ