日比谷の街角 弁護士 稲垣隆一 稲垣隆一法律事務所

稲垣隆一法律事務所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目7番1号有楽町電気ビル南館9階956区 電話:03-6273-4351

2014年06月

小学校の同窓会 永遠の青春を維持する秘訣

小学校のクラス会に出席した。

「○○ちゃん」,「なんとか君」と呼び合えるのはいまやこの時間だけになってしまったから,とっても貴重な時間だ。

集ってるのは昭和28年生まれのオッサンとおばさんだから,話は孫のことと身体のこと。
社会的地位とか仕事自慢なんぞ語られない。それが人生に本質的なものでないことがよくわかる。
すでに大病や入院を経た強者もちらほらいて,心強いけれど,近未来の見本市みたいでもある。

当時の担任のK先生も参加してくださって嬉しい。
つくづく教育者って偉いと思った。

もはや85才になる先生曰わく
「僕は君らにまだ負けないぞ。」
「君たち。目標を持ってそれに向かって精一杯の努力をする。人生悔いなしという生き方をしているか?」
「具体的な目標を決めて実現にむけて努力する。それが君たちの青春だったろう。目標と実現するための努力を続けられれば永遠に青春だ。一方でも失えば,たちまち老いるぞ。どうだ,君たち。僕に負けてないか?」

相変わらず厳しいけど,心に染みた。
先生は,いつまでたっても先生。つくづく有り難かった。






村本寛太郎先生のミサ曲ロ短調に聞くティンパニの役割

村本寛太郎師のバロックティンパニの演奏を,6月20日,東京マリアカテドラルで催された日独友好バッハカンターテンコーア創立5周年記念演奏会のJ.S.Bach のミサ曲ロ短調で聞いた。

師が使用するバロックティンパニはイギリスのHENRY POTTER

師匠は,ブリュッヘンが率いる18世紀オケの打楽器奏者であるマールテン・ファン・デル・ファルクに師事しているから,ティンパニも,マールテン氏と同じHENRY POTTER。
マレットも,マールテン氏がこの間来日したときに持ってきてくれたもの。

それでどうなったか?目から鱗の2時間であった。

まず,気づかされたのは,ティンパニの多彩な音色。HENRY POTTERから,多彩な音色が,本当にとめどなく,次からつぎへと送り出される。しかも,バチさばきは論理的で合理的。全く無駄がない。

ティンパニから出てくるのは打音というより,音色,それも旋律をもった唄だ。
ティンパニが,合唱と合奏を,シャンと立たせて,印影をつけ,整列させて前に進める。
ティンパニは2個しかないのに,旋律を奏でる合唱や合奏が,2つのティンパニと渾然一体となって高らかに歌出す。

音色をもった唄うティンパニ。これか。これがグルーブというものなのか!
先日のレッスンで,村本師が言っていた「拍のうえにリズム感があり,その上にグルーブがあると思うんです。」
とはこれなんだ。

ティンパニが出ると,合唱も,オケも,動き出す。
それも機械的,論理的なものではなく,有機物として命を吹き込まれた複雑な動きが始まる。

こんな風に唄うティンパニが叩けるようになりたい。
どうしたらいいか考えた。

とりあえず到達した仮説はこうだ。

ティンパニは打楽器。だから,打音で機能させる。というのはきっと誤りなのだ。
打音で捉えると,ある時点の音で捉えるから,音楽を止めてしまう。

むしろ,フレーズの到達点までをひとかたまりで捉えて,フレーズを歌と同じように呼吸する。
そして,フレーズのどこにどのような音色と音量の音のつながりを,どういうテンポで置くのかを,グルーブを感じながら設計する。

その設計を頭にたたき込む。
メロディーラインと通奏低音を聞く。
その流れにそって叩き
改善する。

これがティンパニPDCAだ。

ロ短調ミサの演奏全体はすばらしかった。
抑制の効いた正確な弦。
2連のオーボエダモーレは甘く切ない。
フルートは,本当に優しい息づかいを伝えていた。
ピッコロトランペットはまさに天使のラッパ。輝かしくて神の栄光を表すに本当にふさわしい好演だった。

多くを教えられた素晴らしい演奏会だった。




QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ