日比谷の街角 弁護士 稲垣隆一 稲垣隆一法律事務所

稲垣隆一法律事務所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目7番1号有楽町電気ビル南館9階956区 電話:03-6273-4351

趣味

聴衆を抱き込むPPP・そして沈黙の味わい

2016年1月27日,東京都交響楽団の第801回定期演奏会Bシリーズ(サントリーホール)で,素晴らしい体験をした。

pppと沈黙の時間が本当に美しい素敵な演奏会だった。

指揮はアラン・ギルバート氏,コンサートミストレスは四方恭子さん。

演目は  武満徹 トウイル・バイ・トワイライト
     シベリウス 交響詩 エン・サガ(伝説)
           ワーグナー(ギルバート氏編) 指環の旅~楽劇「ニーベルグの指環」より

まず全ての曲を通じて,そのpppが本当に美しい。

例えば,ティンパニ奏者が,堅めのバチでティンパニ付シンバルをpppで奏でると,その上にヴァイオリンが,更に小さな擦過音ともいうべき枯れた音を乗せる。それが素晴らしい囁きになって聞こえる。

また,ヴァイオリンのpppのメロディーは,「さあ抱かれよ」というほどに暖かい。
聴いていて,まるでオケの懐に抱きこまれたような,大きな包容力を感じた。
オケと聴衆が一体になったと感じさせるpppなのだ。

次に,指揮者とオケと聴衆が作り出す沈黙も,また素晴らしい。

曲が終わり,最後の音符を演じ終えた後も指揮者の腕は降りない。

観客は固唾を呑んで腕が降りるまで指揮者を注視し,沈黙の時間を,オケ,ホールとともに味わった。


もう一つ。
ワーグナーのトライアングルは素晴らしかった。その音色は多彩で,グルーヴも素晴らしく,熱演だった。
トライアングルは小さな楽器だけれど,大編成オケに光と色彩を与えていた。

素晴らしいコンサートであった。















    

村本寛太郎指揮オーケストラ・フォルチェを聞く

今日は車いすの母を連れて多摩のパルテノン多摩大ホールで七夕を過ごした。
50台ともなると七夕の過ごし方も変わるものだ。

我がバロックティンパニの師,村本寛太郎氏が指揮するオーケストラ・フォルチェ第2回定期演奏会にうかがった。

プログラムはベートーベンの1番とマーラーの巨人,花の章付き。

オケは,総勢約80名。おそらく大学生と卒業して間もない社会人が主体となる若いオーケストラだが,まさに,若さ故のすばらしい強靱さが現れたオケだと感じた。

ベートーベンはもちろん,マーラーも,全楽章を通じて,音程もリズムも徹底的に磨き上げられ,全く乱れを感じさせない,最後まで強い集中力が持続し続ける,しなやかですばらしい演奏だった。

べートーベンもマーラーも,多彩な変化を鮮明にする村本さんの解釈と,それを実現するオケに感じ入りながら,村本さんと団員がとことん作品と向き合い,徹底して検討しあった時間を想像していた。
こうした厳しさに喜びを共有できたからこそ,今日のすばらしい演奏会を実現できたのだろう。

本当にすばらしい演奏会だった。

真夏のクリスマスオラトリオ バロックティンパニ

弁護士を主体とするオーケストラがあって,夏にクリスマスオラトリオをやることに。
夏のクリスマス?
まあ南半球じゃ夏のクリスマスが常識なんだから深く考えずに。

今日はその練習でレフィーマを車に積んで出かけました。
合唱と一緒だから,言葉の流れ,言葉の意味をとらえて,音楽に仕立てる。
ロマン派や古典派に比べれば,限界はあるけれど,どうしてどうして,叩いているとダイナミックな感情の動きを感じる。ピアノでバッハを弾いていてもこんなダイナミックな気持ちの動き,ノリは感じなかった。
フーガの技法や音楽の捧げ物をピアノで弾いても聞いても,畏れ多くて圧倒される快感はあるけれど,ノリはない。
なぜなんだ。

家に帰っていくつかのクリスマスオラトリオを聴いてみた。

こんな情景が目に浮かぶ。

クリスマスを待ち望む降誕節の音楽。
石とろうそくの教会,石畳の街なみ,暗く冷たい部屋,灯油が焚かれた臭いのする部屋。薄曇りの天気,緑の深い森,こうした空気の中でバッハの音楽は人々に受け入れられ,演奏されたのだろう。

教会に集う人々は人々は降誕祭を毎年の行事と受け止め,生活を規律する教会に集い,日々を送り喜怒哀楽を味わっていたのだろう。街の中には,馬車や荷車の音が,ガランゴロン,教会の鐘の音が近く,遠くにゴーン,ゴーンと響いていただろう。生活や職人の工場の音,職人の歌,子供が遊ぶ声,赤ん坊が泣く声が聞こえる。

こうした空気を感じるとBACHのコラールのトランペットもティンパニも,とても身近な励ましの楽器に聞こえる。

私をバロック音楽に誘ったのは,中学の先生が聞かせてくれた組曲2番だった。
先生に録音してもらって何度も何度も聞いた。
ささやくように聞こえるチェンバロはとっても不思議な世界を表現していた。
それからというもの,ピアノのハンマーに画鋲を張ってBACH漬け。
NHKで皆川達夫先生がバロック音楽の楽しみを放送していて毎朝欠かさず聞いた。

ピアノやオルガン曲に比べると,宗教曲は楽しく身近な音楽に感じる。
バロックのティンパニは,古典派に比べれば,単純でつまらないと思っていたけれど,合唱曲の伴奏は,感情や言葉の表現をそれなりに支える役割があって,なかなかおもしろい。

新しい世界がまた一つ広がった。

そうなんだ。僕らが扱う法の世界,特に民法や刑法はこんな生活の中から生まれてきた規範なのだ。
こんな世界が見えると,そこに花開いた民法,刑法を愛しく感じる。
こんな法に囲まれて,うれしい,新しい一週間が始まる。また精一杯つとめよう。




 

庭の胡瓜

庭の胡瓜がなり始めた。
胡瓜の勢いはすごい。黄色いきれいな花が咲いたと思うとすぐに胡瓜がぶら下がる。

下の方の花は花のうちに摘んでコップに水を入れて浮かべて楽しむ。
腰から上の花はそのままにして胡瓜になるのを待つ。

売り物の胡瓜と一番の違いは,新鮮な棘があること。
チクチクを楽しみながらはさみでチョンと切ってどうするかって?
糠味噌セットに入れて一日待つと大好物の胡瓜の糠漬けになる。
毎日帰ってから,深夜にぬたぬたやるのは結構楽しい。

これまでに一番おいしいと思った糠漬けは,茅場町交差点にある長寿庵
という蕎麦屋さんのお婆さんがつけた胡瓜。
同じぬかでも,お婆さんの手になると味が変わる。
自慢じゃないけど,私も違いがわかるまでになった。
店でもそれがわかっていて,お婆さんに漬け物だけのためにきてもらっている。
ここまでやるか。恐るべし長寿庵。

わが胡瓜は,漬け物セットだからそこまでは無理。

でも,生き物を育て,自分の作った物を食べるという小さな楽しみがそこにある。




禁煙の方法

スッパリ禁煙した。
これでもう3ヶ月になる。
背伸びして吸ったショートホープを皮切りにほぼ半世紀。やっと離れられた。
現金なもので,今では,紫煙に触れると,よくもまあ,こんな煙に巻かれていたもんだと思う。
こんな迷惑を皆さんにかけていたと思うと,申し訳ない。

きっかけは,風邪をひいて直ったのになかなか鼻が通らなくなってきたこと。

禁煙の方法はこう。たばこの吸い殻を入れる缶に消火用の水を入れて机の上に置く。ただこれだけ。
茶褐色に染まる水の色,発散するたばこの臭い。肺の中はこうなんだと連想。
これを嗅いでいるともうさすがに手を出さなくなった。

禁煙に失敗しつづける諸先輩。
これは効きます。お試しのほど。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ